ショートステイで有名なそよ風

そよ風は、ショートステイが業界シェア1位となっています。

研修制度もしっかりしているので、利用するほうも安心なのです。

当たり前のことかもしれませんが、これが難しいところも多いのです。

そよ風は、利用者の健康のことをしっかり考えていますし、食には味も見た目もこだわっています。

見た目が良くないと、食べる気もわきません。

造りとしては、交流も1人の時間も大切にする場所ですし、遊びも学びもちゃんと出来るところとなっています。


ショートステイの料金は様々

ショートステイは、料金が本当に様々です。

場所によって違うのはもちろんなのですが、同じところでも料金が変わってくることもあります。

これは要介護度も関わってくるので当たり前と言えば当たり前なのですが、知っておかないと損した気分になるかもしれません。

ショートステイというのはいつ利用することになるか分からないので、予め調べておいたほうが利用することになったときにかなり楽だと思います。

また、同じサービスを受けられるとしても場所によって料金が違ってきたりするので、比較することが何より重要となります。

なんとなく適当に決めてしまうと、大損してしまう可能性もありますし、それに気づいたときは大きなショックを受けてしまうかもしれません。

そういうことがないよう、慎重に決めることをお勧めします。

ショートステイとは何なのか

ショートステイという言葉を聞いたことがあっても、結局何なのかよく分かっていないという人もいるのではないでしょうか。

ショートステイとは、短期入所生活介護のことです。

ずっといるわけではない、でもお世話にならないわけではないというかんじです。

自宅で介護をしていると、しんどくなるときってどうしてもありますし、事情があって数日間介護が出来ないということもありえるわけです。

そんなときに頼れるのが、ショートステイです。

もちろん、介護している側にのっぴきならない事情が無いと駄目というわけではありません。

しんどくなってしまったときに頼るというのも可能ですし、あえてしんどくなる前に頼るというのもありです。

また、いいサービスを受けることが出来れば介護される側も気に入り、定期的に行くなんてこともあるかもしれません。

たった数日と思われるかもしれませんが、されど数日です。

その数日があるだけで、介護する側もされる側も楽になったりするのです。


グループホームでのショートステイ

グループホームでのショートステイは以前は利用しにくいところもありましたが、今は以前よりずっと利用しやすくなりました。

選択肢としてグループホームを考えやすくなったというのは、良い傾向だと思います。

もちろんどこもかしこもというわけではありませんが、受け入れに積極的なところもあるので、そういうところを利用してみるというのもありかもしれません。

ショートステイ可能なグループホームを検索出来るところもあるので、積極的に活用してみましょう。

ショートステイとデイサービスは違う

ショートステイもデイサービスも、似ていると感じるかもしれません。

ですが、ショートのほうは数日から一週間、もう少し長い場合もあるかもしれません。

ですがデイのほうは、名前の通り一日限りです。

また、ショートの場合は連泊することになりますから、朝や夜もお世話してもらえます。

ですがデイのほうは日中と考えたほうが良いでしょう。

朝と夜は基本的に含まれないと思ったほうが良いです。

もちろん場所によって対応の仕方は異なってくると思いますので、こちらも確認しておいたほうが良いでしょう。

ショートにするかデイにするか、そのときの用事などによって決めるというのもありだと思います。